聖餐

魔術家、巫女、或いは女学生の神経回路

燈之 陰尓蚊蛾欲布

2017年10月20日天秤座新月、谷崎榴美女史率いる 現代縄文魔女術実践グループ UPHYCA - Modern Jomonian Witchcraft に参入しました。

f:id:kikuno_mure:20171020184531j:image

巫女名は玲瓏(Ray)。火の巫女として活動する際はこちらを名乗ります。

参入試験、個人的な参入儀式と最初の試練を終え、早くも次の段階に進みました。

 

17歳の頃参入を検討するも 未成年+魔術的体験が未熟なことから一旦保留に。18歳の10月 別ルートで本格的に魔術に参画しだしてからは、毛色の違いから「もうUPHYCAには入らないだろうな」となんとなく感じていましたが、かくかくしかじかでいざ入ってみると「ああ、私は今ここに入るべくして入ったのだろうな」と思うほど、UPHYCAの信念やプラクティスは凄まじい体験を諭してくれています。

 

私は未だに 魔術と魔女術 の違いを解っておらず、とくに知ろうとしませんでした。そもそも魔術には “性の超越” 的なものを求めていたので わざわざ魔 “女” 術と付くことが どうもしっくりこなかった、というのが正直なところです。また幼少〜思春期の個人的体験から女性性へのコンプレックスが非常に強く、時に恐怖ですらあったことも挙げられます。

しかし、昨夏〜現在にかけて起こった身体感覚/身体性/身体知の劇的変容は、私が “女” の身体に生まれたことの意義を改めて再考させ、同時にあらゆる価値観の再構築を誘発しました。

社会的な性意識はともかく、生物的・身体的・精神的な女性性を知ってしまうと もう後には戻れないというか『知りたくなかったことを知ってしまった故の恐怖を打破せねばならない』状態に陥ります。その方法を模索していたときに出会ったのがUPHYCAだったのです。

その他にも参入を決意した理由は複数ありますが、基本的にはこんな感じ。

 

成長には、ときに恐怖へ飛び込むことも必要です。恐怖を勇気に変え世界を動かす。そのために絶やしてはならない根源的なエネルギー=火を憶い出し、熱を捉え、可憐に扱う修行が今ここにあります。

火の巫女として世界に美しいものを提供できたらと思います。

 

今後とも 現代魔術家・牟礼菊乃、火の巫女・玲瓏を どうぞ宜しくお願い致します。

 

燈之 陰尓蚊蛾欲布 虚蝉之 妹蛾咲状思 面影尓所見

ともしびの 陰にかがよふ 虚蝉の 妹が笑まいし 面影に見ゆ